正しく時間を使ってみよう

午前中する仕事

仕事は、午前と午後に内容を変えた方がいいと言われています。
その理由は、集中力が続かないからです。
同じ仕事を1日中続けようと思っても、次第に集中できなくなります。
すると作業効率が低下するので、午前中だけ、とりあえず1つの仕事に集中してください。
では午前中には、どんな仕事をすればいいのでしょうか。

まだ集中力ややるきがあるので、頭を使う仕事がおすすめだと言われています。
書類制作などがいいですね。
午前中は、考える作業に向いています。
企画書などを作成すると、斬新なアイデアが生まれるかもしれません。
午前中の短い時間だけなので、集中して仕事に取り組んでください。
お昼を挟んでからは、気分を変えて別の仕事に取り組みましょう。

話し合う時間に使おう

午後は、人と情報交換をするのがおすすめです。
午前中に企画書を作って、お互いの意見を交換するといいですね。
他人の意見を聞くことで、自分の企画の参考にできるかもしれません。
また取引先のところに行って、商談をすることにも使ってください。
仕事をスムーズに進めるためには、人とたくさんコミュニケーションを取って、情報交換をすることが大切です。

午前中に書類制作をして、わからないことが出るかもしれません。
疑問点を、人に聞いて解決する時間に使ってもいいと思います。
わからないことを、放置しないでください。
すぐに聞いて解決することで、今度同じような仕事をする時はもっとスムーズに進められます。
事前に、1日のスケジュールを決めておくといいですね。


この記事をシェアする